ニキビ重症度の判定方法(軽度・中程度・重度)


ニキビは重症度にによって軽度、中度、重度の3つの段階に分けられます。
重症度は見た目の状態や色、触った時の感触などによって判定します。

ニキビ(軽度)

ニキビ 重度

軽度なニキビは初期の段階の白ニキビから、更に悪化した状態の黒ニキビへと変化していきます。
健康な肌は、毛穴に溜まった皮脂が自然に外に排出されますが、ストレスやホルモンバランスの乱れなどにより、毛穴が乾燥して固くなり、塞がることがあります。

すると毛穴の皮脂や汚れが外に排出されなくなり、毛穴の中で白く固まった状態の白ニキビができます。

皮膚がぷっくりと盛り上がった部分は、白っぽく変色しています。触ると軟らかい固まりのようなものがあるのが分かります。指で押すと、つぶつぶした固まりもしくはねばっとした皮脂が出てきます。

更に、白ニキビが悪化すると毛穴の奥まで溜まった皮脂が下から押し出されて、盛り上がった部分から顔を出します。そして皮脂に空気中のホコリが付いたり、酸素と結びついて酸化し黒っぽくなり、黒ニキビができます。

黒・白ニキビの治療方法は以下の記事をご参照ください。
白ニキビの治療方法
黒ニキビの治療方法

ニキビ(中度)中度なニキビは炎症を起こし、赤っぽい色で判別できる

毛穴にどんどん溜まった皮脂を栄養分として、皮膚に常在しているアクネ菌が繁殖し、炎症を起こしてニキビが赤っぽい色になります。

このように、白ニキビや黒ニキビが悪化した状態を赤ニキビと呼びます。
また、つぶつぶした丘のような盛り上がりがたくさんできることから、丘疹とも言われています。ニキビを触ると少し硬く、痛みを感じます。

赤ニキビの治療方法の治療方法は以下の記事をご参照ください。
赤ニキビの治療方法

ニキビ(重度)

毛穴の中のアクネ菌がどんどん増えていき、炎症が激しくなると膿が溜まり、見た目が黄色に見えるので黄ニキビと呼ばれます。

更に炎症がひどくなると、毛穴の奥で出血して膿と血液が混ざり紫色になります。最もニキビが重症化した状態で、見た目の色から紫ニキビと言います。

黄もしくは紫ニキビの中で膿や血液がどんどん増えていき、大きな盛り上がりができて、触ると硬くかなりの痛みを感じます。

そして、毛穴の中に溜まった膿や血液がついに毛穴を破って外に流れ出ると、周辺の皮膚にも炎症が広がり、ニキビができている皮膚が全体的に赤もしくは黄色っぽく見えることもあります。

また、治療により炎症が収まっても、既に黄ニキビの段階で毛穴の中の皮膚組織が破壊され削り取られているので、凹んだ痕が残ることもあります。
そして皮膚の色素沈殿が起こり、茶色っぽいシミができることもあります。痕を残さないためにも、ニキビは悪化する前に、軽度の状態で治療することが大事です。

黄ニキビの治療方法の治療方法の治療方法は以下の記事をご参照ください。
黄ニキビの治療方法

関連記事▼
ニキビの種類と原因を画像付きで解説|白・赤・黒・黄など6種類


スポンサードリンク

 

関連記事

ページ上部へ戻る