便秘がニキビ(吹き出物)の原因に。2つの関係と改善方法


ニキビの原因には、ストレスや生活習慣など、さまざまな要因が挙げられますが、
「便秘」も、ニキビの原因になることはご存知ですか?

便秘になると、腸内の細菌のバランスが乱れて悪玉菌が増えてしまいます。
すると、それが活性酸素を発生させてしまいます。

ニキビ 便秘

活性酸素は、普段は、悪い菌をやっつけてくれる私たちの味方ですが、
増えすぎてしまうと、美肌に欠かせないコラーゲンやエラスチンを破壊し、
お肌にダメージを与えてしまいます。

ニキビで炎症を起こした場合、その患部には、菌を殺そうとたくさんの活性酸素が発生しています。
しかし、そこに大量の活性酸素が増えると、さらに炎症を悪化させにきび跡になってしまう原因となるのです。

また、善玉菌が、現象し、ビタミンB群の合成が妨げらると、ニキビ・肌荒れの原因になるとも言われています。
ニキビや、口内炎の原因は、ビタミンB群不足とも言われていますが、
せっかくビタミンBを気をつけてとっていても、腸内環境が悪ければ、元も子もありません。

腸内環境を整えることは、ニキビをつくらないだけでなく、美肌には欠かせないことなのです。

おでこにできるニキビは、腸内環境が悪いせいかも?

ニキビ 原因 場所

東洋医学的にみると、腸内環境が悪いと、「おでこ」や、「口周り」にニキビができやすいと言われています。
特に、思春期でもないのに、おでこにニキビができる人は、1度腸内環境について考えてみることをお勧めします。

ニキビの位置で内臓の悪い所&原因が分かる顔の毒素MAP→

慢性的な便秘の種類

弛緩(しかん)性便秘

便を押し出す、腸のぜんどう運動が弱いためにおこる便秘です。
主な原因は、食生活や生活リズムの乱れ、運動不足などが挙げられます。

弛緩性便秘には、不溶性の食物繊維がおすすめです。

不溶性食物繊維がおおく含まれる食品
穀類・豆類・いも類・きのこなど

けいれん性便秘

けいれん性便秘の主な原因はストレスです。
ストレスによって、腸が過敏になり、ぜんどう運動が強すぎて便秘になります。

けいれん性便秘には、作用が比較的おだやかな、水溶性の食物繊維がおすすめです。

水溶性食物繊維をおおく含む食品
海藻・果物・いも類・豆類・野菜など

健康的に便秘を解消しよう

自分の便秘の状態によって、食物繊維を積極的に摂取したり、運動したりしても、便秘が改善しないことは多々あります。
しかし、便秘薬を使用するのは、体にとってあまりよくありません。

そこで、なるべく自然に近いハーブや、お茶の力をかりることをおすすめします。
管理人は、慢性的な便秘で、毎日、便秘薬を飲むという生活が10年近く続いていました。

しかし、「このままではいけない。」と思い、便秘によいと言われるお茶を飲むようになりました。
「お茶なんかで、便秘が解消するわけない。」と思っていたのですが、騙されたと思って試したところ、
自分の体にぴったりと合ったようで、毎日快便に。

そのお茶を飲み続けてもう3年になりますが、その効果に変りはなく愛飲しています。

お茶は、便秘薬のようにお腹が痛くなることもなく、自然なかたちでスッキリするため、
便秘に悩んでいる方には1度試してみてもらいたいと思います。

管理人が愛飲しているお茶は、モリモリスリムというものです。5包380円で試せます。
管理人の場合、お試しで試してみましたが、1包目から、スッキリできました。
ききすぎる場合は、お茶の濃さを調整できます。
モリモリスリムの詳細はこちら→

参考文献:正しいスキンケア辞典


スポンサードリンク

 

関連記事

ページ上部へ戻る