ニキビ・ニキビ跡を治すにはビタミンC誘導体が効果的?


ニキビや、ニキビを予防したり、治すには、
「ビタミンC誘導体が良い」
と聞いたことがある人も多いのではないでしょうか?

実際、皮膚科などで、ビタミンCを処方されることも多いです。

しかし、なぜ、ビタミンCやビタミンC誘導体が、ニキビ、ニキビ跡に
良いのか?実際のところよくわかりませんよね。

そこで今回は、ビタミンC誘導体の効果と種類をご紹介します。

1.ビタミンC誘導体の効果とは?

ニキビ 跡 消す

ビタミンC誘導体とは、ビタミンCを別の物質とくっつけて、
肌の奥まで届けられるように開発された成分です。

ビタミンC誘導体は、肌に染み込むと、「ビタミンC」に変換されます。

ビタミンC誘導体の主な効果・作用は以下の通りです。

【ビタミンC(誘導体)の効果】
・皮脂抑制
・ニキビの炎症などの抑制
・セラミドの合成作用(保湿力を高める)
・ターンオーバーの促進
・抗酸化作用
・コラーゲン増加の促進
・メラニンを薄くする作用
・メラニン生成の抑制

ビタミンC誘導体には、ニキビの主な原因となる「皮脂」を抑える作用があります。

また、できてしまったニキビの炎症を抑える作用もあります。

ニキビが治ったあとに残るのがニキビ跡ですが、
色素沈着やシミの原因となるメラニンの生成を抑制して、
ニキビ跡が残らないようサポートしてくれます。

そのほか、少しではありますが、メラニン色素そのものを薄くする作用もあるので、
できてしまった色素沈着を薄くする作用も期待できます。

2.ビタミンC誘導体の種類とは?

ピュアビタミンC ビタミンC誘導体 違い
ビタミンC誘導体は、主に3種類に分けられます。

水溶性ビタミンC誘導体

リン酸ビタミンC、アスコルビン酸グルコシド、アスコルビルエチルなどが
水溶性ビタミンC誘導体です。

ビタミンCの約8倍の浸透力があると言われています。

油溶性ビタミンC誘導体

テトラヘキシルデカン酸アスコルビル、ステアリン酸アスコルビルなどが
油溶性ビタミンC誘導体です。

ビタミンCの約30倍の浸透力(水溶性の約3倍)があると言われています。

新型ビタミンC誘導体

水溶性+油溶性の作用を持つ新型のビタミンC誘導体です。

アスコルビン酸-2リン酸-6パルミチン酸(APPS)、イソステアリルアスコルビルリン酸2Na
新型ビタミンC誘導体と言われています。

アスコルビン酸-2リン酸-6パルミチン酸(APPS)は、ビタミンCの約100倍の浸透力。

イソステアリルアスコルビルリン酸2Naが
ビタミンCのおよそ200倍と言われています。

ビタミンC誘導体についての詳細は、以下の記事も是非、ご参照ください。
ビタミンC誘導体の種類と違い|APPSでニキビ跡が薄くなる?

3.浸透力が約100〜200倍?

ニキビ跡 赤

ビタミンC誘導体と、一言で言っても、肌への浸透力は約8倍〜200倍と違ってきます。
効果をより実感したいのであれば、肌への浸透力は無視できません。

そこで、ビタミンC誘導体の配合されている化粧水を選ぶ際は、
APPSや、イソステアリルアスコルビルリン酸2Naが配合されているものを選びましょう。

ただし、APPSは、安定性に欠けるため、そのほかのビタミンC誘導体よりも
長持ちしません。できるだけ早く使い切ることが大切です。

ただ、APPSは高い浸透力を誇り、管理人はニキビが減り、ニキビ跡も
出来ずらくなりました。コスパもいいので、興味のある方は、以下よりAPPSについて
詳細をご覧ください。

ニキビ跡の赤み・紫色の色素沈着を消す美白成分APPSの効果とは?

イソステアリルアスコルビルリン酸2Naは、ビタミンCの約200倍の浸透力があり、
APPSと違い、安定性のある成分です。ただ、その分、高価です。

しかし、イソステアリルアスコルビルリン酸2Naが配合されている化粧水が
お試し価格で試せるものもあるので、興味のある方は、以下の記事も、ご参考ください。

紫ニキビの改善にはVC200で対策を|VCシリーズの評価・感想

まとめ

ビタミンC誘導体には以下のような効果があります。

【ビタミンC(誘導体)の効果】
・皮脂抑制
・ニキビの炎症などの抑制
・セラミドの合成作用(保湿力を高める)
・ターンオーバーの促進
・抗酸化作用
・コラーゲン増加の促進
・メラニンを薄くする作用
・メラニン生成の抑制

また、ビタミンC誘導体には、水溶性、油溶性、新型の3種類があり、
肌への浸透力は、ビタミンCの約8〜200倍とかなり違いがあります。

そのため、肌への浸透力の高い、APPS(浸透力が約100倍)や、
イソステアリルアスコルビルリン酸2Na(浸透力が約200倍)が配合されている化粧水がおすすめです。

APPSの詳細については以下の記事も、是非、ご参照ください。
ニキビ跡の赤み・紫色の色素沈着を消す美白成分APPSの効果とは?

イソステアリルアスコルビルリン酸2Naについては、以下の記事も是非、ご参照ください。

紫ニキビの改善にはVC200で対策を|VCシリーズの評価・感想


スポンサードリンク

 

関連記事

ページ上部へ戻る