胸の間にできるニキビの原因と3つの治し方とは?


胸の間に、ぽつぽつとできる赤いニキビ。
しかも、なかなか治らない・・・!

とお悩みではないでしょうか?

そこで今回は、胸の間にできるニキビの原因と、
3つの治し方をご紹介します。

綺麗な、ニキビのないツルツルのお肌を手に入れたい女性は
是非、ご参照ください。

1.胸の間のニキビの原因とは?

・皮脂の過剰分泌

胸の間も、皮脂の分泌の活発な部位の1つです。

そのため、ストレスやホルモンバランスの乱れなどから、
皮脂が過剰に分泌され、毛穴が詰まりやすい状態になってしまいます。

顔と同じく、毛穴が皮脂や汚れで、
詰まってしまうとアクネ菌などの餌が増え、
結果的に、胸の間にニキビができてしまうのです。

・摩擦

ニキビができる要因の1つに、
「汗」と「刺激」が同時に起こると、
ニキビができやすいと言われています。

そのため、汗をかいたまま
衣服と肌が、つねに摩擦を起こしていると
胸の間にニキビができてしまうことがあるのです。

ニキビと汗の関係については、以下の記事も是非、
ご参照ください。

ニキビと汗の関係|運動後、汗でニキビは悪化するのか?

・シャンプーなどのすすぎ残し


シャンプーなどのすすぎ残しがあると、
毛穴が汚れで詰まってしまいます。

胸の間は皮脂線の活発な部位なので、
皮脂と汚れが詰まると、アクネ菌などの
餌が増え、ニキビの原因となってしまうのです。

2.胸の間のニキビを治す3つの方法

1.刺激を与えない

胸の間のニキビを防ぐには、
ナイロンのタオルで、ゴシゴシとお肌を洗ったりするなどの
刺激は避けましょう。

また、衣類などが擦れて、ニキビができる人は、
肌に優しい素材に変えてみるなど、
なるべく肌に刺激を与えないことが大切です。

2.十分な保湿

胸の間は、皮脂が過剰に分泌する部位です。

しかし、もともと乾燥肌なのに、
胸の間にニキビができる人は、
乾燥が原因で、バリア機能が弱まり、肌が刺激から
肌を守ろうと皮脂を過剰に分泌している可能性もあります。

そのため、しっかりとした保湿を行いましょう。

保湿成分としては、「セラミド」
「コラーゲン」「ヒアルロン酸」など
保湿力の高い成分を選ぶことが大切です。

3.炎症を抑えよう

ニキビができてしまったら、
なるべく炎症を早く抑えて、ニキビ跡になるのを
防ぐことが大切です。

そこで、化粧品などで保湿を行う際は、
抗炎症作用のある成分を選びましょう。

抗炎症作用のある成分としては、
「グリチルリチン酸ジカリウム」
が有名です。

3.美白ケアも同時に行うことが大切

背中ニキビ

ニキビが治っても、炎症がひどくなってしまうと、
ニキビ跡になってしまいます。

最悪の場合、シミのような状態になり、
なかなかニキビ跡が消えてくれません。

管理人も、1度、ひどいニキビ跡が胸の間にできましたが、
ピーリングで必死に治療を行い、ようやく綺麗になったのです。

ピーリングについて知りたい方は、以下の記事も是非、
ご参照ください。
皮膚科のサリチル酸ピーリング の効果のほどは?【口コミ】

ニキビ跡を残さないためにも、
日頃から、美白成分が配合された化粧品でケアを行うことが大切です。

美白成分としては、
「プラセンタ」「ビタミンC誘導体」「ハイドロキノン」
などが挙げられます。

保湿・抗炎症・美白の3つが大切

胸の間のニキビを防ぐには、
保湿、炎症を早く抑える、美白ケアを行うことが
大切です。

治りずらい胸のニキビに悩まされている女性は、
日頃のケアを見直してみましょう。

胸元のニキビ専用の
薬用のニキビケアジェル「クリスタルモーション」には、
保湿力の高い「コラーゲン」「ヒアルロン酸」が配合されています。

また、炎症を抑える「グリチルリチン酸ジカリウム」と
美白成分「プラセンタ」も配合されている
医薬部外品薬用ジェルです。

ニキビがひどくなってしまったら、皮膚科に行くのが
1番早くニキビを治す方法です。

しかし、皮膚科に行かないですむよう、
日頃から、胸のニキビケアを行いましょう。

クリスタルモーションについて詳細を知りたい方は、以下より詳細を
ご覧ください。

医薬部外品薬用ジェル「クリスタルモーション」詳細はこちら→


スポンサードリンク

ページ上部へ戻る