エタノールでニキビが悪化する原因とは?大人ニキビには気をつけよう!


こんにちわ!ニキビラボ管理人です。

先日、炎症が起きたニキビができたので、

エタノール消毒液で、患部とその周辺を

消毒したのですが、

「ニキビが悪化」してしまったので、

その原因について調べてみました。

エタノールでニキビが悪化する原因とは?

エタノールには、他の物質を溶かす性質があります。

そのため、正常な皮膚に、エタノールを使用すると、

水分と皮脂を奪い、乾燥を促してしまいます。

すると、肌のバリア機能が低下してしまい、

ちょっとした外部からの刺激で、ニキビができたり、肌荒れを起こしやすく

してしまうのです。

常在菌を殺してしまう

エタノールを使うと、ニキビの原因となる「アクネ菌」を殺菌できるので、

いいのでは?と思ってエタノールを使う人が多いかとおもいます。

しかし、

人の皮膚に存在する常在菌まで、殺してしまうのです。

常在菌は、外部からの病原菌の侵入を防ぎ、

お肌を守ってくれている菌です。

しかし、過度にエタノールで消毒を行ってしまうと、

病原菌から私たちを守っている常在菌まで殺してしまい、

病原菌を増加させ、さらにニキビを悪化させてしまいます。

エタノールをニキビの患部に塗るのは止めよう!

ニキビが炎症を起こしている場合、

すでに、アクネ菌などが増殖し、肌はとても敏感な状態になっています。

その状態で、エタノールを塗布してしまうと、

エタノールは刺激が強いため、患部に強い刺激を与えてしまい、

炎症をさらに長引かせることに。

また、常在菌を殺してしまうため、外部から侵入してきた病原菌が

増殖し、さらにニキビを悪化させる原因にもなってしまいます。

エタノール以外で炎症を抑えよう!

ニキビの炎症が続くと、肌にダメージが与えられ続けるので、

ニキビ跡の原因となってしまいます。

そこで、ニキビ跡を残さないためにも、

できるだけ早く炎症を抑える必要があります。

しかし、大人ニキビができやすい人は、もともと敏感肌の方が多く、

思春期ニキビなどでよく使用される

「サリチル酸」は、刺激が強くニキビが悪化する原因にもなりかねません。

(サリチル酸は、プロアクティブなどに配合されています)

そこで、大人ニキビの炎症を抑えるには、

植物由来の「甘草エキス(グリチルリチン酸2K)」がおすすめです。

日頃から、グリチルリチン酸2Kが配合された化粧水を使用するのがベターです。

バリア機能を高める成分が配合された化粧水を選ぼう

グリチルリチン酸2Kの他に、肌のバリア機能をアップさせる

「紫根エキス」などが配合されているものを選びましょう。

グリチルリチン酸2Kと、紫根エキスの配合された化粧水には、

「オルビスクリア」が有名ですが、敏感肌でニキビができやすい人に選ばれています。

オルビスクリアの利用者の口コミを以下にまとめていますので、
是非、1度、ご覧になってみてください。

肌に負担が少ないニキビケア化粧水|オルビス・クリアの口コミ


スポンサードリンク

 

関連記事

ページ上部へ戻る