ビタミンC誘導体の種類と違い|APPSでニキビ跡が薄くなる?


美白や、ニキビ跡を消したいと「ビタミンC誘導体」に興味を持った方は多いと思います。

しかし、「ビタミンC誘導体」は、1種類だけでなく、たくさんの種類があることはご存知ですか?

また、それぞれに特徴があって、「肌への浸透力」「ビタミンC変換効率」など、
その効果は、種類によって違ってきます。

そもそも、ビタミンC誘導体とは?

ニキビ 赤み 消す
もともと、「ビタミンC」には、美肌には欠かせない成分です。

しかし、ビタミンCは、劣化しやすく壊れやすい。さらに、ビタミンCを顔に直接塗っても、
肌に浸透することは、ありません。

【ビタミンCの効果・作用】
・メラニンの生成を抑制
・肌のターンオーバーの促進
・活性酸素を除去し
・抗酸化作用
・コラーゲンの増加を促す
・セラミド合成作用
・ニキビなどの炎症を抑制
・皮脂の過剰分泌を抑制

そこで、ビタミンCを、肌の奥まで届けるために開発されたのが「ビタミンC誘導体」です。

ビタミンC誘導体は、肌に浸透すると、酵素(ホスファターゼ、エステラーゼ)によって、
純粋なビタミンCへと変換されます。

ちなみに、ビタミンCへ変換する際に必要となる酵素が、少ないほど、ビタミンC変換効率が良いとされています。

ビタミンC誘導体の種類

では早速、本題である、ビタミンC誘導体の種類について見ていきたいと思います。

【水溶性】
・リン酸ビタミンC(AP)
(Tリン酸-Lアスコルビン酸Naやリン酸-L-アスコルビン酸Mg)
配合商品↓

美白効果が高く、化粧水などでよく使用されるビタミンC誘導体の1つ

・アスコルビン酸グルコシド
配合商品↓

安定型ビタミンC誘導体とも言われ、安定性が高く肌への浸透力が高い

・アスコルビルエチル
配合商品↓

即効性・持続性の高いビタミンC誘導体・酵素反応を必要としない誘導体。単体で美白作用を持っている

【脂溶性】
・テトラヘキシルデカン酸アスコルビル
配合商品↓

上記の水溶性ビタミンC誘導体より安定性が高く、浸透力が高いと言われている

【水溶性+脂溶性】
・アスコルビン酸-2リン酸-6パルミチン酸(APPS:アプレシエ)
配合商品↓
サイクルプラス

別名、進化型ビタミンC誘導体APPS(アプレシエ)と言われており、
肌への浸透力はビタミンCの、およそ100倍とも言われている今、注目のビタミンC誘導体

(APPSが配合されている化粧品)
APPS配合化粧水エンリッチローション→

・イソステアリルアスコルビルリン酸2Na(FuncosC-IS)
配合商品↓
vcローション 口コミ
今までにない高い安定性、浸透性、代謝性(皮膚内の酵素で速やかにビタミンCに変換)を兼ね備えた最新型の高浸透ビタミンC誘導体。
その浸透力はビタミンCのおよそ200倍と言われてる。

(最新型の高浸透ビタミンC誘導体「イソステアリルアスコルビルリン酸2Na」が配合されている化粧品)
VCシリーズのVCローション→

ビタミンC誘導体の種類別の違い

次に、それぞれのビタミンC誘導体が、どのように違うのか?を表でご説明します。

  アスコルビン酸 リン酸ビタミンC(AP) 【水溶性】 テトラヘキシルデカン酸アスコルビル【脂溶性】 APPS(アスコルビン酸-2リン酸-6パルミチン酸)【水溶性+脂溶性】 FuncosC-IS(イソステアリルアスコルビルリン酸2Na)【水溶性+脂溶性】
安定性 ×
浸透力
ビタミンCの約8倍の浸透力

ビタミンCの約30倍の浸透力(水溶性の約3倍)

ビタミンCの約100倍の浸透力
(脂溶性の約5倍)

ビタミンCの約200倍の浸透力
(APPSの約2倍)
ビタミンC変化効率
酵素(ホスファターゼ)1つで変換

パルミチン酸が4つ結合しているため、酵素(エステラーゼ)4つで変換

酵素(ホスファターゼ・エステラーゼ)2つで変換

酵素(ホスファターゼ)1つで変換
持続力 約12時間 約24時間
メリット ・即効性が高い ・即効性が低い
・持続性が高い
・持続性が高い
・浸透力が高い
・安全性が高い
・安定性が高い
・ 浸透力が高い
・持続性が高い
デメリット ・持続性に欠ける
・浸透力が低い
・即効性が低い ・安定性が低い
(壊れやすい)※1
・費用が高い
・皮膚内に存在しないイソステアリルアルコールを使用※2

※1:実際、APPSと、FuncosC-ISどっちがいいの?

表を見ると、圧倒的に「FuncosC-ISが1番いいじゃないか?」と思われる方も多いと思います。
しかし、APPSの方が安全性が高いとも言われています。
この理由は、APPS(アプレシエ)には、人間の体内に存在する物質「リン酸とパルミチン酸」が使用されているが故です。

では、「FuncosC-ISは、安全ではないのか?」と言えばそうではありません。
「FuncosC-IS」には、皮膚の内に存在しないイソステアリルアルコール(脂肪族アルコールの一種・高級アルコール)という成分を使用しています。
イソステアリルアルコールは、洗剤や、界面活性剤の製造に用いられる成分です。

ですが、イソステアリルアルコールは、ファンデーションなど多くの化粧品に乳化剤、保湿剤、増粘安定剤などの役割で使用されており、
肌への刺激が、比較的少ないと言われています。主に、化粧品のクリームなどに使用されています。

イソステアリルアルコール配合化粧品一例↓

また、FuncosC-IS(イソステアリルアスコルビルリン酸2Na)が配合された化粧水をおすすめしている皮膚科も増えているので、
そこまで気にする必要はないのではないか?個人的には思います。

ただ、「FuncosC-IS」の材料は費用が高いため、FuncosC-ISが高配合された化粧水は少ないようです。
また、高配合された場合は、APPS配合化粧水よりも価格が高額になりやすいです。

では、ニキビ跡を消したい・美白したい場合、APPSとFuncosC-ISどっちがいいの?

APPSも、FuncosC-ISも、ビタミンC誘導体の中では、肌への浸透力・持続性が抜群で、
一般的な、ビタミンC誘導体よりも、効果が期待できます。

実際、管理人も、APPS、FuncosC-ISどちらも使用したことがありますが、
ニキビの炎症が落ち着いたり、ニキビ跡が消える期間が短くなった、などの効果を実感できました。

APPSとFuncosC-ISを、どう選べばいいか?は以下の表をご参考ください。

  APPS FuncosC-IS
保存期間
高濃度配合の場合冷蔵庫で約1ヶ月等

特に記載なし
価格
高額
敏感肌・乾燥肌へ
のおすすめ度
効果実感度
長所 ・価格が安い
・敏感肌。乾燥肌の人におすすめ
・APPSの約2倍の浸透力があり、
若干、APPSより効果が期待される
短所 ・約1ヶ月で使い切る必要がある ・高濃度配合化粧水が少ない
・価格が高額

「APPS」敏感肌、乾燥肌の人におすすめ。
価格が、比較的安いので続けやすいので、長期で使用したい場合にもおすすめ。

※ポイント:APPSの化粧水への配合率は、0.1〜1%が目安です。1%以上あと、肌・目などに刺激を強く感じることがあるため、
1%以下がポイントです。

FuncosC-IS」APPSよりも若干、効果が期待できると言われています。
また、金額にこだわらない人、面倒臭がりの人におすすめ。

※ポイント:常温での保存が可能

【主なAPPS・FuncosC-IS配合化粧水】

  APPS(アプレシエ) FuncosC-IS
 APPS ニキビ跡
vcローション 口コミ
商品名 サイクルプラス・エンリッチローション  SiBODY・VCシリーズ
お試し価格  1,600円(税抜)+送料無料+プレゼント付き
(2週間分)
 1,800円(税抜)+送料無料+クーポン付き
価格  2,800 円(税抜)1ヶ月分   8,640円(税込) 約1ヶ月分
口コミ 管理人の口コミはこちら→ 管理人の口コミはこちら→
みんなの口コミはこちら→
公式サイト サイクルプラス詳細→ VCシリーズ詳細→


【管理人の一言】

管理人はどちらも使用しましたが、
VCシリーズ・エンリッチローションともに、「美白作用」・「ニキビの炎症抑制」「にきび跡が薄くなる」などの効果を実感しました。

しかし、管理人は敏感肌なので、APPSが肌に合っており、APPSは、価格も安いので、APPSを使用しています。
APPSを使用し始めて約6ヶ月ですが、ニキビ跡は、ほとんど目立たなくなり、顔全体が明るくなりました。

ビタミンC誘導体の種類まとめ

ビタミンC誘導体とはいっても、主に、水溶性、脂溶性、水溶性+脂溶性に分かれており、さらに細かく分かれています。
効果を実感できるビタミンC誘導体を左から並べると
「水溶性」→「油溶性」→「水溶性+脂溶性(APPS/FuncosC-IS)
」となります。

水溶性と水溶性+脂溶性(APPS/FuncosC-IS)は、「さらさら」とした使い心地で、「しっとり感」はあまりありません。
ビタミンCには、皮脂抑制作用があるので、脂性肌の人や、一般的な肌の人は問題ないかと思いますが、
敏感肌・乾燥肌の人は、保湿をしっかりと行うことが大切です。


スポンサードリンク

 

関連記事

ページ上部へ戻る